千葉大学大学院医学研究院放射線医学教室

小線源治療部会第21回学術大会

2019年05月21日 | 研究

 

こんにちは岩井です。
徳島で行われた小線源治療部会に参加いたしました。子宮頸癌の画像誘導下小線源治療についての演題を発表させていただきました。また、せっかくなので一つ勉強して帰りたいと思い、SAVIアプリケーターを使用した乳癌の術後照射についてハンズオンセミナーでプランの作り方を教えていただきました。
ただ残念なことに発表の時間とハンズオンの時間が重なってしまうというアクシデントに見舞われてしまいました。とりあえずハンズオンに参加してコンツーリング(皮膚や肺などの臓器を画像上に入力すること)の途中で抜け出し、自分の発表に滑り込みました。スライド作成もギリギリまでまとまりきっていなかったことも災いし、頭の切り替えが追いつかなくて序盤は自分でも何を言っているかよくわからない感じでしたが何とか完遂しました。発表後はハンズオンに戻らせていただきこちらも何とか最後には追いつけました。プランの作り方自体はとくに難しくは感じませんでしたので、後は実際に運用できるかは外科の先生とも相談していく必要があると感じました。

夕方の情報交換会は大変な賑わいで阿波おどりもあったりして流石でした。
学会の後は、話題の大塚国際美術館に行きました。情報量多すぎて古代、近代、現代とこちらも頭の切り替えが追いつかなかったです。1日では見切れないボリュームでまた機会があれば足を運びたいです。ベラスケスとクリムトが良かったです。
来年の小線源治療部会学術大会は千葉でやりますのでたくさんのご参加お待ちしています。

 

戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このページのTOPへ