千葉大学大学院医学研究院放射線医学教室

第48回日本IVR学会総会

2019年06月30日 | 学会・研究会

 

2019年5月30日から6月1日に開催されました日本IVR学会総会に参加して参りました。会場は福岡国際会議場で、2018年1月のミッドウインターセミナー以来の1年半ぶりの福岡でした。

3日間で、頭頸部IVRのtipsや、BAEのアップデート、塞栓術におけるpacking densityの重要性、CVポートにおけるトータルマネージメント、外傷の一般演題などを拝聴させて頂きました。内容もさる事ながら、プレゼンも各々の先生方のスタイルがあり勉強になりました。

初日の夜は、若手IVR医の会に参加させて頂きました。全国津々浦々の医療機関からいらした先生のフランクなお話を拝聴でき、千葉大学にゆかりのある先生との出会いもありました。また、2日の夜は、当院呼吸器内科の先生・聖路加国際病院の先生方を交えての懇親会も開催されました。食が豊富な福岡という事で、博多ラーメン・もつ鍋・餃子などを楽しみました。少しダイエットが必要なようです…

発表に関しては、当院からは雑賀先生・和田先生・窪田先生・武内がポスター発表を行いました。また、現在静岡で研鑽をつまれている羽柴先生は、なんとポスター銅賞を受賞!非常に明快なプレゼンでしたので、自分自身も聞いていて盗めるところが多々ありました。私個人としても最終日にVIABAHNに関するポスター発表をさせて頂き、非常に印象深い学会となりました。

戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このページのTOPへ