千葉大学大学院医学研究院放射線医学教室

RSNA2019参加記

2019年12月5日

 

今年もRSNAの時期となり、当院からは齋藤、服部、大平、横田、そして工学部修士の寺崎くんが参加致しました。発表内容は、以下の通りです。寺崎くんは、最近の工学部とのコラボレーションの成果を持ち込み、poster発表とoral発表を同時に成し遂げてくれました。

Saito M. The relationship between fractures within the irradiation field among elderly Asian women who have received definitive radiation therapy for cervical cancer treatment. Scientific Posters. (子宮頸癌根治照射後の照射野内骨折についての研究)
Hattori S. Disaster strikes when you least expect it: late complication in pediatric disease. Educational exhibits. (小児期に治療を受けた患者の晩期合併症についての教育展示)
Ohira K. Image findings of aneurysms in children. Educational exhibits. (小児期の動脈瘤についての教育展示)
Yokota H. Radiogenomics for epigenomic data: estimated serum microRNA-1246 from contrast-enhanced CT can predict prognosis of esophageal squamous-cell carcinoma. Science sessions and AIMS Body imaging (食道扁平上皮癌での血清microRNA-1246を造影CTから予測する研究)
Terasaki Y. Multi-modal convolutional neural networks with 2D and 3D information can improve its sensitivity and specificity for detecting cerebral aneurysms in MR angiography. Scientific posters and science sessions. (2D-3D畳み込みニューラルネットワークを使用しMRAでの脳動脈瘤自動検出で偽陽性を減らす研究)

一時期ブームとなったAI関連のセッションは落ち着き、目新しいものには欠ける学会だったようにも感じましたが、新しい技術を実際に使うにはどうしたら良いのかの答えを、皆で考える時期のようにも感じました。実際に今年のテーマは、” See possibilities together”です。上記の脳動脈瘤検出モデルを利用し、実際に読影実験をして貰ったことがあるのですが、読影時間が短くなる読影医と長くなる読影医がおり、感度は低下する人が出る始末で、このような検出器をどう使うかの模索、標準化が必要になってくるように思われます。実際にIEEEが医療画像読影時にどう使うかの標準化策定を始めたというニュースを聞きました。「いくら高い精度の検出器ができたとしても、レポート自動生成までしてくれない限り、放射線科医の仕事は楽にならない。」と語る講演を聞きましたが、感度100%の検出器は現実的には実現できない訳ですので、結局は人の目で見直す必要があり、読影時間の短縮などにはあまり繋がらないのも確かかもしれません。
Opening sessionでは、Patient-centered careやvalue-based medicineが強調されました。放射線科医が直接患者と接する機会をということで、”Patient-centered care means radiology must make reports more accessible”といった言葉が語られました。読影が放射線科の専売で、レポートは患者に渡されることが多い社会ですので、日本とは状況が異なりますが、放射線科医の存在を一般社会に認知させる活動を…というのは必要なことだと思いました。
シカゴは、「寒い」「まずい」「時差ボケで眠い」の三重苦に、英語発表のプレッシャーで「お腹が痛い」と、嫌な思い出が先行しておりましたが、この年齢になって楽しいことが増えて参りました。皆でモリモリご飯を食べましたが、治療・診断・工学で懇親を深める良い機会となりました。他の施設の方々と話すのも、何回かお会いするうちに話す内容にストーリーが出来てきて、面白いものです。シカゴにまた行きたいと思える数日間となりました。(横田)

コメント(0)

2020年度千葉大学放射線科ご入局をお考えの先生方へ

2019年10月3日

 

放射線科専攻医申請に関して、放射線科に直接提出する書類は無く、千葉大学医学部附属病院への書類申請(①)、日本専門医機構へのオンライン登録(②)の両方が必要になります。申請においては病院への申請(①)を先に行うようにお願い致します。

①病院への書類申請について
千葉大学病院総合医療教育研修センター専門研修プログラム 専攻医募集要項のページを参照の上、病院総務課まで提出下さい。
初期臨床研修終了(見込み)証明書がすぐにご用意できない場合には、まずは応募願書と医師免許証の写しだけ送ってください。
願書受付は令和元年11月15日(金)まで【必着】となっています。

②日本専門医機構へのオンライン登録について
日本医学放射線学会HPから、専攻医登録およびプログラム申し込みを行うことになっています。2019年11月15日(金)12時締め切りです。

2020年度千葉大学放射線科専門研修プログラム

専門医登録ページ
日本医学放射線学会(日本専門医機構による新専門医制度開始のお知らせ(専攻医応募者向け)

サイト:
日本専門医機構ホームページ
日本医学放射線学会

定員上限には余裕がありますので、興味がある方は、遠慮無く見学などのご連絡を頂ければ幸いです。E-mail:chiba-inquiry@radiology.sakura.ne.jp
大変お忙しいと思いますが、重要な手続きとなりますので、よろしくお願い致します。

</a”>

コメント(0)

第48回日本IVR学会総会

2019年06月30日

 

2019年5月30日から6月1日に開催されました日本IVR学会総会に参加して参りました。会場は福岡国際会議場で、2018年1月のミッドウインターセミナー以来の1年半ぶりの福岡でした。

3日間で、頭頸部IVRのtipsや、BAEのアップデート、塞栓術におけるpacking densityの重要性、CVポートにおけるトータルマネージメント、外傷の一般演題などを拝聴させて頂きました。内容もさる事ながら、プレゼンも各々の先生方のスタイルがあり勉強になりました。

初日の夜は、若手IVR医の会に参加させて頂きました。全国津々浦々の医療機関からいらした先生のフランクなお話を拝聴でき、千葉大学にゆかりのある先生との出会いもありました。また、2日の夜は、当院呼吸器内科の先生・聖路加国際病院の先生方を交えての懇親会も開催されました。食が豊富な福岡という事で、博多ラーメン・もつ鍋・餃子などを楽しみました。少しダイエットが必要なようです…

発表に関しては、当院からは雑賀先生・和田先生・窪田先生・武内がポスター発表を行いました。また、現在静岡で研鑽をつまれている羽柴先生は、なんとポスター銅賞を受賞!非常に明快なプレゼンでしたので、自分自身も聞いていて盗めるところが多々ありました。私個人としても最終日にVIABAHNに関するポスター発表をさせて頂き、非常に印象深い学会となりました。

コメント(0)

2019 IDKD学会記

2019年05月28日

 

2019年5月24日から5月26日にかけて香港で開催された9th International Diagnostic Course Davos (IDKD) Asia 2019 “Diseases of the Abdomen and Pelvis”に参加させて頂きました。IDKDは放射線医学の教育推進を目的として設立された組織で、毎年世界各地で教育セミナーが開催されています。今回は腹部・骨盤領域の疾患がテーマでした。

会場となった香港會議展覽中心 (Hong Kong Convention and Exhibition Centre)
会場となった香港會議展覽中心 (Hong Kong Convention and Exhibition Centre)

会場では1クラス40人程度に分けられ、USBで参加者に配布された画像をときに参照しながら、壇上で講師がスライドを用いて講義を行う形式でセミナーが進んでいきました。Interactive lectureという触れ込みであったので、英語が苦手な私は意見を求められないか戦々恐々としていましたが、その点は杞憂に終わりました(いつまでもこんなことではいけませんね)。ただ、決して狭くはない会場にも関わらず、マイクも用いずに受講者から講師に質問が投げかけられる場面も多々ありました。日本語でも同じことをするのは私には難しく、分化の違いを感じます。

内容は基本的で、講義のレベルを放射線科のレジデントあたりに想定しているのではないかと思われます。例えば肝・胆・膵・腎・副腎・婦人科領域の腫瘤性病変の鑑別、腎嚢胞性疾患のBosniak分類、PI-RADS ver.2の解説、腹部救急疾患、腹膜の解剖と病変の進展形式などです。私は去年画像診断専門医の資格を取得した所謂”中堅”に相当する立場と思われますが、このくらいの学年になると、日常使用している知識が教科書から得たものなのか経験則なのかわからなくなってきたり、非典型的な症例を見る機会も増えたりして、つい基本を忘れがちです。改めて基本に立ち返り、知識を整理するという意味で、今回のセミナーは有意義でした。

会場内の様子
排骨菜飯(ポークリブ丼)。青菜ご飯の上に甘辛い唐揚げが乗っている感じ。

 中華人民共和国への入国ははじめてでした。香港は1997年に主権がイギリスから中華人民共和国へと返還され、渡航前は欧米色が強いものだと勝手に勘違いしていましたが、実際は概ね想像していた”China”であったように感じています。滞在中の活動はホテルのある灣仔(Wan Chai)と香港の中心街である尖沙咀(Tsim Sha Tsui)にほぼ限定されていましたが、高層ビルや高級ブランドショップが林立する傍らで昔ながらの商店や屋台がごった返している街の雰囲気は、何となく日本の”新宿”に近い印象でした。渡航前、仕事や私生活でいろいろ悩むことも多かったのですが、力強く成長を続ける”China”を人や町並みから感じることができ、「守りに入るにはまだ少し早過ぎるかな」などと自省した次第です。なお、この旅でのfavourite foodは地元民の通うローカルレストランで食した排骨菜飯(ポークリブ丼)でした。この他、Peak Tramが運行停止になっていたため、Victoria Peakで夜景を見るのに急勾配の旧山頂道(舊山頂道、Old Peak Road)を1時間かけて登らざるを得なかったり、クレジットカードが使えず飲食店のお姉さんに日本円を香港ドルにexchangeしてもらったりとマイナートラブルもありましたが、それも含めて楽しかったです。また行きたいな。謝謝、香港!

Victoria Peakから見た”100万ドルの夜景”。徒歩で来るのはそれなりにしんどい。

コメント(0)

小線源治療部会第21回学術大会

2019年05月21日

 

こんにちは岩井です。
徳島で行われた小線源治療部会に参加いたしました。子宮頸癌の画像誘導下小線源治療についての演題を発表させていただきました。また、せっかくなので一つ勉強して帰りたいと思い、SAVIアプリケーターを使用した乳癌の術後照射についてハンズオンセミナーでプランの作り方を教えていただきました。
ただ残念なことに発表の時間とハンズオンの時間が重なってしまうというアクシデントに見舞われてしまいました。とりあえずハンズオンに参加してコンツーリング(皮膚や肺などの臓器を画像上に入力すること)の途中で抜け出し、自分の発表に滑り込みました。スライド作成もギリギリまでまとまりきっていなかったことも災いし、頭の切り替えが追いつかなくて序盤は自分でも何を言っているかよくわからない感じでしたが何とか完遂しました。発表後はハンズオンに戻らせていただきこちらも何とか最後には追いつけました。プランの作り方自体はとくに難しくは感じませんでしたので、後は実際に運用できるかは外科の先生とも相談していく必要があると感じました。

夕方の情報交換会は大変な賑わいで阿波おどりもあったりして流石でした。
学会の後は、話題の大塚国際美術館に行きました。情報量多すぎて古代、近代、現代とこちらも頭の切り替えが追いつかなかったです。1日では見切れないボリュームでまた機会があれば足を運びたいです。ベラスケスとクリムトが良かったです。
来年の小線源治療部会学術大会は千葉でやりますのでたくさんのご参加お待ちしています。

 

コメント(0)

このページのTOPへ